2010年06月01日

<石綿訴訟>国が控訴を正式表明…厚労相「論点明確に」(毎日新聞)

 大阪府泉南地域のアスベスト(石綿)工場の元労働者らが国に健康被害に対する損害賠償を求めた集団訴訟で、政府は1日、国の責任を初めて認めた大阪地裁判決について控訴手続きに入ったと正式に表明した。

 仙谷由人国家戦略担当相は1日の閣議後会見で「昨夜の段階で、法務省に控訴手続きを取るようにという指示をした」と明らかにした。5月31日には「闘病生活を送っている人には誠に申し訳ないがご理解いただきたい」と述べていた。

 厚生労働省と環境省は控訴を断念する方向で調整に入っていた。方針転換に長妻昭厚労相は会見で「議論はあったが、判決の中で明確にしなければならない論点があり、控訴することになった」と述べた。さらに、控訴は解決を長引かせることになるのではとの質問に「内閣全体で議論し解決の急がれる問題だ。(国)全体の(石綿被害の)中でどう対応するのか、論点を明確にする上での控訴。今後とも取り組むべき大きな課題だと認識している」と苦しげに答えた。

 一方、小沢鋭仁環境相は「控訴はするが、早期救済に全力を挙げるのが内閣全体の方針」という仙谷国家戦略担当相の意向を明らかにした上で、救済策全体を見直す中で控訴取り下げもありうるとの認識を示した。

 判決は、旧じん肺法施行(1960年)以降の被害に国の不作為責任を認め、原告26人に計約4億3500万円の賠償を命じた。【小山由宇、東海林智、江口一】

【関連ニュース】
大阪石綿訴訟:国側が控訴へ 仙谷担当相が言及
日弁連:「公害訴訟事例集」作成 日中で今夏同時出版へ
大阪泉南石綿訴訟:国は控訴断念を 原告団側が訴え
石綿被害:国に責任 26人への賠償命令 大阪地裁
三井造船:肺がん死亡男性の遺族が提訴 大阪地裁

生態系保全目標、大半先送り…条約会議準備会合(読売新聞)
重文の掛川城御殿に傷=建造物損壊容疑で捜査―静岡県警(時事通信)
民主複数擁立に「共倒れ」危機? 大阪、京都、兵庫(産経新聞)
<民主党>公約半分は着手と自賛−−集計(毎日新聞)
哨戒艦事件 政府、対北追加制裁検討など確認(産経新聞)
posted by サイトウ マサヒロ at 13:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。