2010年04月07日

鶴岡八幡宮 大銀杏に新芽…残った根の部分から(毎日新聞)

 鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市)は1日、強風で3月10日に折れた大銀杏(いちょう)の残った根の部分から、新芽が生えていることが確認されたと発表した。

【ニュースの第一報】鶴岡八幡宮:大銀杏倒れる…樹齢千年、実朝暗殺の舞台

 八幡宮によると、1センチに満たない青色の芽が吹き出しているという。3月16日に倒れた大銀杏の幹を本殿に続く石段脇に植え付け、同18日には、幹や残った根の部分の再生を願う神事が行われた。境内に設置した記帳台には1日までに、2万5000人が記帳しているという。【吉野正浩】

【関連ニュース】
【鶴岡八番宮の現場に行ってみた】イチョウは手品師?
鶴岡八幡宮:大銀杏の植え付け作業終わる
鶴岡八幡宮:大銀杏、無事に育って 一般公開−−神奈川・鎌倉
鶴岡八幡宮:大銀杏を植え直し 幹を切断、根の再生に期待

郵政改革 亀井担当相の案で決着 預け入れ限度額引き上げ(毎日新聞)
<後半国会>本格化 民主、目玉法案審議入り(毎日新聞)
自宅玄関に「爆発する」と張り紙=差し押さえを妨害、73歳男逮捕−佐賀県警(時事通信)
<ダイハツ>「タント」「ムーヴラテ」などをリコール(毎日新聞)
ため池で発見の3歳女児、病院で死亡確認(読売新聞)
posted by サイトウ マサヒロ at 22:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。