2010年04月22日

携帯電話で市民税納付可能に 調布市(産経新聞)

 東京都調布市は、携帯電話を使った市税納付サービスを拡充する。これまでは、バイクや軽自動車所有者を対象にした軽自動車税だけだったが、市民税や固定資産税、国民健康保険税も納付できるようになる。市によると、個人が納付する市税はほぼ網羅(もうら)しているという。

 納付の仕方は、携帯電話で納付書に印刷されたバーコードを読み取り、モバイルバンキングに接続するというもの。金融機関などへ出向く手間が省ける。利用できる納付書は、納付額30万円以下で、バーコードが印刷されているもの。

 利用は住民税と固定資産税・都市計画税が5月1日から、国民健康保険税が7月1日からになる。

【関連記事】
生活保護費が最高 大阪市予算案、緊縮型に
名古屋市“河村減税”は単年度 改正案きょう可決
秋田・横手市元職員を逮捕 税980万円横領容疑
財政難の北海道留萌市が市税滞納者へのサービスを制限へ
大阪市、累積赤字2720億円に増大 税収さらに減640億円

フル充電で30km、ホンダが電動バイク(読売新聞)
「回避できた可能性」県警認める=石巻3人殺傷で検証報告−宮城(時事通信)
村本さん宅、雨戸閉じひっそり=「優しいパパだったのに」(時事通信)
イチゴ畑でミツバチ盗難続発=不足で価格上昇、転売目的? −頭抱える農家・静岡など(時事通信)
始皇帝も驚く“日本のハリウッド” 恐るべし!!太秦(産経新聞)
posted by サイトウ マサヒロ at 22:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。